オスグッド病(成長痛)

  • 膝の下が痛い
  • 膝が痛くてしゃがめない
  • 走ると膝が痛い
  • 膝が痛くて走れない
  • 膝のお皿の下が出っ張ってきた

オスグッド病(成長痛)って何??

オスグッド病は10代のスポーツをしている男性に起こりやすいと言われています。

膝の下の骨が突出してくるのが特徴で走ったり、ジャンプをしたりすると膝の下に痛みが出ます。

発症する人の90%以上がスポーツをしているのでスポーツ障害とも言われます。

人によってはスポーツを数日休むと痛みが消失する人もいますがスポーツを再開するとまた痛みが再発してしまうという方がほとんどです。

 

その施術方法、間違っていませんか?

 

痛いからといって冷やしてみても逆に痛みが悪化したり、整形外科で様子をみましょうと湿布を貼って様子をみても全然良くならなかったり、整骨院で膝に電気やマッサージを当ててその時はなんとなく良くなった感じはあるが次の日にはまたオスグッド病で膝の痛みが再発するということはありませんか?

 

実はオスグッド病の痛みは膝に出現するのですが原因は膝自体にない場合が非常に多いです!

 

オスグッド病の原因

オスグッド病のほとんどの原因は大腿直筋と大腿筋膜張筋の緊張や拘縮によって膝に炎症が起こり発症します。大腿直筋と大腿筋膜張筋の緊張や拘縮が起こる原因として骨盤のゆがみや姿勢不良のある状態でオーバーユース(運動しすぎ)によって大腿直筋と大腿筋膜張筋に負担がかかることによって発症します。

 

オスグッド病の施術方法

当整骨院ではオスグッド病に対して膝だけではなく全身的にお身体の状態をチェックさせていただきます。膝の状態、骨盤や姿勢のゆがみを検査し検査の結果を元に施術を行っていきます。

近年では骨盤が歪む原因としてインナーマッスルの脆弱化も要因の一つとして考えられています。当整骨院では目に見えないインナーマッスルまで検査を行うことができます。

 

オスグッドの状態によってハイボルト、骨盤矯正、楽トレなど様々な施術を用意していますのであなたにあった施術を提供させていただきます。