シンスプリント

  • すねの内側が運動中に痛くなる
  • スポーツを全力でできない
  • すねの内側をおさえると痛い
  • 最近では動いていない時でも痛みが出てきた
  • すねの内側がはれていて熱をもっている

シンスプリントの原因とは?

シンスプリントが起こる原因の中で最も多いのが使い過ぎ【オーバーユース】です。

繰り返しの負担により、すねの内側に炎症が起きてしまっている状態です。

ハードに運動やスポーツをされている方に多くみられる症状です。特に急ブレーキをかけたり

急発進を必要とする、バスケットボールテニスサッカーなどのスポーツにシンスプリントは起こりやすいと言われています。他にも陸上の長距離種目の選手にも多いです。繰り返しの負担が要因となります。後は忘れてはいけないのが骨盤の歪みは、シンスプリントの症状がある方にはほぼみられます。片足に出ることが多いのですがなぜ片足に出るのかというと

シンプルにどちらかの足の長さが違っていたり歩幅に違いがある状態で運動を

しているからですね。このような左右の違いは骨盤の歪みで出てきます。

そのためシンスプリントでは骨盤の歪みも、あわせてとっていく事がおススメです。

痛みの段階について

シンスプリントでは痛みの出方に段階があることが多いです。まずは、走り初めにすねの内側に痛みを感じてしばらく走ると楽になるというもの。次に動いてない時にも痛みが出たり、運動中の後半にも痛みが出てきます。そのまま負荷をかけ続けると

疲労骨折をおこしてしまったりします。また多くの場合は患部に腫れが出ていたり、おさえると痛みが出ている場合が多いです。いわゆる圧痛という症状です。他にも触ると熱感があり熱い感じがあります。

当院のシンスプリントの施術方法

当院ではシンスプリントに対して様々なアプローチをしていきます。

痛みが強い場合にはハイボルト療法という特殊な電気の施術で痛みを和らげて行きます。

痛みが弱い場合骨盤矯正と幹部の筋肉調整でも充分に良くなっていきます。基本的には運動により症状が出てくるのがシンスプリントなのでできる限り運動を控えていただくようにお願いしておりますがスポーツの大会などが近く、運動を続けながらの治療を希望される方にはテーピングなども巻かせていただきます。無理のない程度にスポーツを続けてもらいながら施術を行っていきます。

どちらにしても、痛みが長期化しやすい症状なので早めに施術をしていくことを

おススメしています。シンスプリントでお悩みの方は是非とくしま整骨院にご相談ください。