ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

  • 親指を動かすと手首が痛む
  • 親指側の手首に腫れがある
  • 手首を押さえると激痛がはしる
  • お箸を握るのが痛む
  • パソコン作業がきつい

ドケルバン病でお困りな方は

とくしま整骨院藍住院にご相談ください!!

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

「手首の親指側が痛む」「親指を曲げたり、伸ばしたりすると手首に痛みがでる」というような症状がある方、、

「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)」の可能性があります。

「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)」ってなに?!と思う方も多いと思いますので、詳しくご説明させていただきます。

ドケルバン病は、親指側に通る短母指伸筋腱・長母指外転筋の狭窄性腱鞘炎です。

実際には、短母指伸筋腱の炎症が原因とも言われています。

その炎症が原因で、腱のスムーズさがなくなり、親指側の手首が痛み・腫れがでてきます。

親指を動かすと、強い痛みが出てきてしまいます。

ドケルバン病の原因としては、指や手首の使いすぎが主なものになります。お仕事などでの指や手首をよく使う方が発症しやすいです。

中年以降の女性や、周産期の女性に多く発症します。

スポーツ活動での続発はそれほど多くなく、おおよそ3%と言われています。

ドケルバン病の判断としては、背側第1コンパートメント(親指側の手首)に腫脹、圧痛の確認。

徒手的検査では「Finkelstein test(フィンケルシュタインテスト)」で陽性がなることが多いです。

「Finkelstein test(フィンケルシュタインテスト)」は、4指で親指を握って、その状態で小指側に傾けていき、痛みが増強するかを検査するものになります。

当整骨院で行うドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の治療

当整骨院で行うドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の治療は、まず手首の痛みが強く、日常生活に支障が出ている方は、まず痛みを取っていく治療を行います。

それは「ハイボルト療法」になります。ハイボルトは、特殊な電気治療になります。

深い神経・筋肉などにまで電気を届かせる除痛の効果がとても高いです。

そして検査機器でもあります。一つ一つの筋肉に電気あて、どこの筋肉が一番反応していたか、効果がでたかを確認します。そして一番の原因の筋肉を探すことができます。

他にも超音波の治療機を使い効果的に痛みを除去する方法もあります。痛みの度合いにあわせて一番最善の治療を提案致します。

しかし、腱鞘炎などに関しては、今までの使い方・使いすぎなどによってのものになりますので、今までの負担を減らさないと再発してしまいます。

手首はの痛みは、腕や肩甲骨が上手く使えておらず手首に負担がかかり発症してしまいますので、肩甲骨を上手く使えるように調節するには骨盤や猫背姿勢が重要になります。

骨盤を調節し、全体的なバランスがよくなり、肩甲骨も上手く使えれば手首の負担も軽減していきます。

同じく、猫背姿勢が改善することで腕の動きは格段に向上し再発予防にもつながります。

なので根本的な改善を目指すのならば、当整骨院では「骨盤矯正」や「猫背矯正」を実施します。

当整骨院の矯正は、全く痛くなく、一般的なボキボキもしないので、安心してご来院ください!

腱鞘炎はほっておけば、さらに痛みが増強する可能性がありますので、早期改善をするために早期治療にご協力ください!