変形性股関節症

  • 股関節が痛くて歩きにくい
  • 階段の昇り降りで股関節が痛い
  • 股関節に違和感がある
  • 病院で変形性股関節症と診断された
  • 股関節が痛くて趣味を楽しめない

変形性股関節症とは?

変形性股関節症の主な症状は股関節の痛みと股関節の機能障害です。股関節とは足の付け根の関節のことです。初期の症状としては立ち上がりや歩きはじめに足の付け根(鼠径部)違和感や痛みを感じるようになります。

変形性股関節症が進行すると立ち上がりや歩きはじめに足の付け根(鼠径部)の痛みが強くなり、常に(安静時でも)痛みを感じるようになります。

その他にも靴下がき履きにくくなったり、正座ができなくなったり、しゃがめなくなったりと日常生活での様々な動作に支障がでてきます。

階段の昇り降りなども手すりを使用しないと困難な状況となり、筋力低下にもつながります。

変形性股関節症の原因

 

骨盤が歪むことによって長期間にわたり股関節に負荷がかかりやすい状態になってしまうことで股関節が変形をおこし、痛みが発生します。

発症する方の8割は女性といわれており、筋肉が男性に比べて少ないことも骨盤を正常な位置に保持できない為変形を起こしやすいといわれています。

また、発育性股関節形成不全の後遺症や交通事故の衝撃などによる器質的な変形が原因となる場合もあります。

 

予防と治療

関節は一生に一つしかありませんので、変形性股関節症と診断されたらまずは症状が進行しないように股関節への負担を減らすことが重要になります。

初期、または中期であれば骨盤の歪みを矯正することによって股関節にかかる負担を軽減することができるので痛みを改善に導くことが可能です。

重度になってしまうと整形外科での手術をオススメさせていただくようになります。

最悪、骨切り術や人工股関節を手術によって変形を取り除かなければならなります。

重度にならないためにもできるだけ早めの対策が必要になります。