外反母趾

  • 靴を履いていると痛い
  • 長時間歩くのが痛い
  • 巻き爪になりやすくなった
  • 足にタコができやすい
  • 腰痛・肩こりがでやすくなった

外反母趾って一体なに?

外反母趾とは、母趾(親指)が小指側にくの字に曲がってしまっている状態になります。

親指の付け根の突き出したところに痛みが発症します。

周りの方が外反母趾で悩まれていると聞くことも、多いかと思います。

外反母趾は成人のおよそ30%と認められており、元々欧米の方々に多い疾患でしたが、日本人が靴を履く習慣が出来てから、足の代表的疾患になりました。

日常で親指の痛みに耐えながら過ごしている方も多いのではないでしょうか?

外反母趾が進行するにつれて、体の他の部分がかばう為、肩こりや腰痛、膝の痛みが出る場合も多々あります。

外反母趾の原因て何?

外反母趾の一番の原因はやはり靴にあります。

サイズが小さかったり、つま先が細い靴や、女性の場合ヒールをよく履く方にとても多いです。

その為、中高年の女性に多く発症します。

しかし、毎日ヒールを履いても外反母趾になる方とならない方がいます。

それは生まれつきの足の形状が問題になります。

母趾が人差し指よりも長い方(エジプト型)や、生まれつき偏平足・開張足の方(足のアーチが低い方)は外反母趾になりやすいです。

このエジプト型は日本人にとても多い形状になります。その為、体重がかかったときに態勢を保とうとし、母趾のつけ根にねじれ力がかかり、その力をかばうために関節が内側に変形し、外反母趾になります。

特定のスポーツを行うと、偏平足が発症しやすくなるという報告はありません。

他には、重心(体重)のかかり方を正しくしないといけません。

元々の形状が内側(土踏まず)に重心がかかりやすい方も含め、正しい状態へと矯正していかないと靴を履き続ける限り、外反母趾は強くなるばかりです。

当整骨院で行う外反母趾の治療

当整骨院の外反母趾の治療では、まず負担を軽減していく為、骨盤をはじめ全ての歪みを調節していきます。

お身体の歪みが母趾への負担を増強させ、変形が進行していきます。

進んでしまった変形を元の状態に戻すには手術療法になってきますが、

保存療法や変形の進行を止めること、痛みを軽減させることに関しては、とくしま整骨院藍住院にお任せください。

外反母趾は進行具合により、治療期間・内容が違ってきます。

一度足の状態を見させて頂き、患者様のお体の状態に合わせた治療をさせていただきます。

外反母趾は進行する疾患の為、早期治療が必要になってきます。

外反母趾が気になっている方はお早目にとくしま整骨院藍住院にご相談下さい!