橈骨神経麻痺 | 徳島県とくしま整骨院

  • 最近になって腕が痺れる様になった。
  • 手にチカラが入りづらい。
  • 指先の細かい作業がしづらい。
  • 腕の骨折の後から痺れる様になった。
  • 指先が痺れる。

橈骨神経麻痺による痺れで
お困りではないでしょうか?
そのつらい橈骨神経麻痺!
とくしま整骨院にお任せください!

橈骨神経麻痺とは?

橈骨神経麻痺とは腕や指先に起こる痺れ症状の1つです。症状としてはの甲側の痺れがでてきます。手首に力が入らなくなり、だらんとたれてしまう(下垂手)症状があります。手首をあげれないなど手首の動きが障害されます。

橈骨神経が支配している領域は、親指から薬指の手の甲です。なので橈骨神経麻痺になると親指から薬指の手の甲の感覚がなくなります。

 

 

橈骨神経麻痺の原因とは?

橈骨神経麻痺の原因はさまざまありますが、一般的に多いのは長時間の腕まくらをしていて朝起きたらなっていたというのが多いです。腕まくらなんてした記憶がないという方は、例えば飲酒をした後に酔っ払ってしまい、何かに寄りかかって眠ってしまい発症というのが多いです。神経圧迫が強くでてしまう方では治る期間に3ヶ月以上かかるという方多いようです。他にも骨折の後に起こったりすることもあります。固定が不十分であったり無理して動かしていたりするとなります。また特徴的な症状として下垂手というのがあり手首からチカラが入らないようになり、だらんと垂れ下がってしまう症状です。これが指で起こると下垂指と言われ、指が垂れ下がってきます。

新婚旅行や泥酔時の腕枕で発症することから(ハネムーン症候群)(土曜日の夜麻痺)ともいわれています。

当整骨院の橈骨神経麻痺の治療

当整骨院では橈骨神経麻痺になってしまい、腕にチカラが入りづらいという患者様に対して適切に治療を行います。橈骨神経麻痺は基本的には圧迫により起こってくる神経麻痺なので手術の心配などは特にありません。ただし神経を修復しないといけないので橈骨神経自体にはビタミンなどの栄養素をあたえていかなければなりません期間としては、おおよそ1ヶ月から3ヶ月と少し長くなりますが筋肉自体の負担も減らしていきつつなおしていく様になります。もしも今現在、橈骨神経麻痺で腕の痺れが出てきて困っているという方がいらっしゃいましたら是非とくしま整骨院に御来院ください。

執筆者:柔道整復師

笹木翔平 統括院長

"院長写真

『私は幼い頃から野球をしていたため、けがも多く試合に出場できなくなってしまった経験もあります。痛みの辛さがあると日常生活にも支障が出てきます。

とくしま整骨院では、そんな辛い痛みがある方に対して癒しを目的にするのではなく、痛みの原因部分から追求し根本改善を目的に施術をしていきます。根本施術を行うことにによって痛みの出ない身体を目指して毎日が笑顔で楽しく過ごしていただけるようにしていきます。痛みがなかなか治らずにあきらめてしまっていた方、一人で悩まずに是非とくしま整骨院にご相談ください。』

詳しくはこちら