肘内障 | 徳島県とくしま整骨院

  • 子供の手を引っ張ったら肘を動かさなくなった
  • 子供の手をあげようとすると泣く
  • 子供の肘が抜けた
  • 子供が肘を動かそうとしない
  • 土日祝日で整形外科が休診で急いで診察して欲しい

肘内障とは?

子供の手を引っ張ったときに発生し、痛みで腕を動かさなくなります。

5歳以下の子供に発生することが多く、肘にある頭骨輪状靭帯から橈骨頭が亜脱臼することによって発生します。

幼少期は靭帯が緩く関節が抜けやすいため腕を引っ張ることによって亜脱臼を起こすことを肘内障といいます。

肘を曲げたまま動かさないのが特徴ですが腕を上にあげることもしなくなるので肩が脱臼したと勘違いされる方もいます。

当整骨院の肘内障の施術

徒手整復にて橈骨を正しい位置に戻します。

この整復を行って良いのは医師か柔道整復師に限られています。

当整骨院では厚生労働省認可の国家資格である柔道整復師の資格を持った施術者が肘内障の施術を行います。

執筆者:柔道整復師

笹木翔平 統括院長

"院長写真

『私は幼い頃から野球をしていたため、けがも多く試合に出場できなくなってしまった経験もあります。痛みの辛さがあると日常生活にも支障が出てきます。

とくしま整骨院では、そんな辛い痛みがある方に対して癒しを目的にするのではなく、痛みの原因部分から追求し根本改善を目的に施術をしていきます。根本施術を行うことにによって痛みの出ない身体を目指して毎日が笑顔で楽しく過ごしていただけるようにしていきます。痛みがなかなか治らずにあきらめてしまっていた方、一人で悩まずに是非とくしま整骨院にご相談ください。』

詳しくはこちら

肘内障Q&A

Q.肘内障の特徴は?

A.腕を動かせなくなり、片腕をだらんと

垂らした状態が見受けられます。

肘をやや曲げた状態でお腹の近くに動かさない為

こうした姿勢で安静とることもあります。

痛みは肘に限局されるため肘を

動かすのを嫌がりますが、

その他の関節は問題なく動かせます。

Q.何歳に多いの?

A.2歳から4歳の幼小児特有の障害です。

Q.どうやって起きるの?

A.親が子供の手を引っ張った際に発生すことが多いです。

引っ張り症候群とも呼ばれています。

Q.後遺症とか残りますか?

A.治るとまた元通りに腕を動かせるようになります。

後遺症の心配もありません。

大きくなるにつれて関節も成長するのであまり起こさなくなりますが繰り返しやすい子供もいますので

小さいうちは腕を強く引っ張ったりしないよう注意してください。