腰椎分離症

  • 腰から太ももに対して痛みがでる
  • 腰を捻ったり、反ったりすると激痛
  • 痛みが2週間以上も続いている
  • ふくらはぎに痺れがでる
  • 腰痛が出てスポーツができない

 

徳島で腰椎分離症にお困りな方は

とくしま整骨院藍住院にご相談ください!

腰椎分離症って一体なに?

子供がスポーツしてて腰痛が発症、整形外科で「腰椎分離症」と診断された。

昔から腰痛はあったが、ここ最近痛みが増強して、整形外科で「何年か前に腰椎分離症になって、慢性化している」と言われた、という方は多いと思います。

そんな腰椎分離症は一体何なのかを詳しくお話させていただきます。

腰椎分離症とは、椎弓という腰椎の後方部分が分離した状態(疲労骨折が原因とも言われる)のことです。

椎弓はジャンプ動作などの衝撃に弱く、バレーボールやバスケなどのスポーツに発症しやすいです。

好発部位としては、腰椎の第5腰椎に発症しやすいです。

腰椎分離症の症状としては、

主症状は腰痛で、お尻から太ももに痛みが出る人が多いです。

坐骨神経痛と合併症を起こすことが多々あるので、その場合太ももからふくらはぎに痺れが出現します。

安静時はあまり痛みを感じない方は多いので、気づきにくい場合もあります。

基本的には、成長期でスポーツをしている男子中学生(14歳くらい)の方が発症しやすいです。

他は、スポーツしない方などは安静時に痛みに気づかないので、年齢を重ねていくことで、何年か経って、腰椎分離症と気づく場合もあります。

腰椎分離症の原因・当整骨院で行う治療

まず腰椎分離症の診断には、整形外科での単純X線撮影やCT撮影が推奨されます。

治療に関しては、低周波の電気を流すだけでは根本的な解決にはなっていません。

腰椎分離症の原因としては、やはり反り腰が問題になっています。

バレー選手に関しては、アタックを打つときなどの腰の反りが原因で、腰椎分離症を発症させる方が多いです。

なので、その腰の反りを治さなければ、電気を流して筋肉を緩めたとしても再発してしまいます。

なので、一番治さないといけないところは、腰の反りを改善しないことには根治は望めません。

なので当院では、骨盤の歪みを整える骨盤矯正と、その骨盤を支えるインナーマッスルのトレーニングをさせていただきます。

当院の骨盤矯正は、歪みの検査を行い歪みに合わせて治療を行います。

一般的なボキボキするような骨盤矯正でありませんので、安心してご来院ください!

インナートレーニングに関しては、アメリカと日本で特許を取得してる「楽トレ」という機械を使用します。

まず初診時にインナーマッスルがどれぐらいあるかを検査させていただきます。

それに合わせて治療の提案をさせて頂きます!

腰椎分離症に関しては、早期改善するためには早期治療が一番重要になってきます。

少しでも腰痛などが気になった場合、お早めにとくしま整骨院藍住院にご相談ください!