膝前十字靭帯(ACL)損傷

  • スポーツしているときに膝が変な音がした
  • 膝が抜けるような感じがある
  • 歩く時に膝が不安定
  • 膝の痛みで歩けない
  • 膝が腫れている

前十字靭帯損傷って一体なに?

前十字靭帯の役割

膝関節内にある靭帯で、前内側線維束後外側線維束に区別され、脛骨の前方不安定性だけでなく、下腿内旋や過伸展を制御しています。

前十字靭帯はなぜ損傷する?

前十字靭帯損傷は交通事故やスポーツ活動により損傷します。

スポーツ活動で急激なストップ・ジャンプなどの動作では、軽く膝を曲げた状態で大腿四頭筋(太もも前の筋肉)が急激に収縮してしまいます。

このような動作時に大腿四頭筋の分力により、脛骨が前方に引き出されるため、前十字靭帯は上記のような重要な機能を有します。

その力が強く働きすぎ、前十字靭帯の損傷につながってしまいます。

いったん損傷された前十字靭帯は吸収されたり、正常とは異なった部位に付着したりして、前方に亜脱臼する膝崩れが繰り返される場合が多いです。

亜脱臼が繰り返されることによって、半月板の後節部にストレスが加わり、この部位の合併症をきたしやすくなります。

受傷機転

前十字靭帯はスポーツ活動に損傷する場合が多いです。

【接触型】コンタクトスポーツ(ラグビー・柔道など)で外力が直接膝関節に加わり断裂する場合

【非接触型】直接外力は加わらず、大腿四頭筋が急激に収縮する動作(ストップ・ジャンプの着地)や膝に捻りが加わる動作(カッティング・ステップ)により断裂する場合

受傷時に「膝が内側に入った」「ガクッとした」「ブチっと音がした」と訴えることが多いです。

陳旧例では、軽微な動作でも膝崩れが生じることもあります。

受傷直後は腫脹や疼痛を認めないことが多いですが、時間とともに出現してくることがあります。

膝関節は腫脹し、関節可動域が制限され、痛みのため歩行できないことが多いです。

通常1か月程度で普通の生活に戻れますが、合併症で半月板損傷によりロッキングをきたす場合、可動域制限や痛みは持続してしまいます。

診断

・徒手不安定性検査

前十字靭帯損傷に対する不安定テストとしては、Lachman test(ラックマンテスト)や前方引き出しテスト、Nテストなどがあります。

手技的には熟練を要するが、本靭帯損傷の診断に有用です。

徒手的に不安定性を確認できない場合もあるので注意です。

・画像診断

単純X線では前十字靭帯損傷の診断はできないですが、小さな骨折が存在する場合もあります。

MRI検査はACL損傷の診断に有用です。

治療

前十字靭帯損傷の場合、保存療法より手術療法を選択する場合が多いです。

手術療法には、靭帯修復術再建術の二通りがあります。

手術療法の場合、3~6か月のリハビリを終えて、徐々にスポーツ復帰ができるようになります。

しかし、手術療法を行っても再発する可能性は高いです。

なぜなら、膝に負担をかけてしまう運動動作が同じであれば、また同じように前十字靭帯が損傷してしまいます。

その運動動作や重心、身体のバランスを調節しないと同じ負担がかかり続けてしまいます。

そのような負担を軽減するために、当整骨院でさせていただく治療は「骨盤矯正」になります。

骨盤矯正で全体のバランスを調整し、重心のかかり方・身体の使い方などを本来の形に戻していきます。

当整骨院の骨盤矯正は一般的なボキボキするようなものではなく、全く痛くないので安心してご来院ください!

前十字靭帯損傷は、早期治療が必要な疾患です。少しでも早くスポーツ復帰したい!痛みなく過ごしたい!という方、是非お早目にとくしま整骨院藍住院にお越しください!