膝蓋腱炎(ジャンパー膝)

  • ジャンプ後に痛みが出る
  • 運動し始めに膝に激痛がはしる
  • 階段の昇り降りで痛みが出る
  • 運動後痛みが出てくる
  • 膝の痛みどうにかしたい

ジャンパー膝って一体なに?

ジャンパー膝=膝蓋腱炎(膝蓋靭帯炎)などとも呼ばれます。

膝蓋腱は、膝のお皿のすぐ下にあり、膝立ちをしたときにちょうど地面にあたるところになります。

そんなところがなぜ痛くなるのかを詳しくご説明させていただきます。

膝蓋腱炎はなぜ発症するの?

膝蓋腱炎は、大腿四頭筋などをはじめとする膝を伸ばす筋肉への繰り返しのストレスによる腱付着部での一部腱繊維の損傷の繰り返しと考えられています。

病理学的には、靭帯内の微小断裂や、粘液変性、フィブリン様壊死が考えられています。

膝蓋腱炎が発症しやすい種目としては、バレーボールのようなジャンプ系のスポーツや、急激なストップ・方向転回を行うバスケットボール、サッカーなどのスポーツに多いです。

ジャンパー膝だからと言って、ジャンプする種目だけに発症するわけではありません。

しかし、陸上の短距離や中長距離などでは発症する選手は極めて少ないです。

なぜなら、ジャンプ動作やストップ・方向転回などを行う種目では、大腿四頭筋への遠心性収縮(引っ張られながら縮もうとする力)が働き、膝蓋腱炎に強い負荷がかかります。

膝蓋腱炎の診断と症状

膝蓋腱炎の診断方法は、運動時の膝蓋腱炎の疼痛と膝蓋腱炎の圧痛、わずかな腫脹・握雪感をみます。

徒手的検査は、大腿四頭筋の拘縮と膝蓋腱炎の程度を知る尻上がりテストがあります。

尻上がりテストは、うつ伏せになってもらって膝関節を屈曲させるとお尻が上がってくるテストになります。

膝蓋腱は4相に分けられます。

第1相

・運動後の疼痛のみで機能的影響のないもの

第2相

・運動前後で痛みがあるが、運動に支障はきたさないもの

第3相

・運動中にも痛みがあり、満足な競技レベルが保てないもの

第4相

・腱断裂をきたすもの

治療

膝蓋腱炎の治療は、保存療法が原則とされています。

第1相は、運動は禁止せずに練習前のウォーミングアップとストレッチ、練習後のアイシングを徹底させます。

第2相は、運動量や強度を制限するとともに、テーピングやサポーターで部分的に膝蓋腱を圧迫をすることにより治療を促進されます。

第3相では、基本的に運動禁止し、上記のような治療に専念させます。

3か月以上の保存療法に抵抗し、MRIなどで明らかな異常所見を有する場合はドリリングする手術やRFを使用した手術が行われることがあります。

最近では衝撃波による治療や周期的に大腿四頭筋に遠心性の外力を加えるリハビリを行うと、良好な結果になると言われています。

当整骨院で行う治療

当整骨院が膝蓋腱炎に対して行う治療は、3つに分かれます。

まず第3、4相の場合だと、運動時はもちろん歩行時などにも支障がでてしまっているため、早期に痛みを改善しないと他の部位に負担がかかってしまうことがあります。

その場合、当整骨院で行う治療としては、ハイボルト療法を実施させていただきます。

ハイボルト療法は、特殊な電気治療になっており、除痛の効果が高く、即効性があります。

そしてハイボルト療法は検査機器でもあります。どの筋肉が原因かを調べます。

そして、第1,2相の場合や、第3,4から痛みが大分軽減した場合は、根本的な治療を実施していきます。

当整骨院で行う、根本治療は骨盤矯正とインナーマッスルのトレーニングになります。

やはり膝蓋腱炎も負担のかかり方・身体の使い方によって変わります。

骨盤が歪み、運動時の動的アライメントが崩れていれば、膝蓋腱炎が発症しやすいです。

当整骨院で行う骨盤矯正は、全く痛くなく、ボキボキなどもしないので安心してご来院ください!

その大事な骨盤を支えるインナーマッスルが衰弱・もしくは上手く使えてない可能性があります。

それをまず、初診時に検査をさせていただきます。

検査の結果次第で特殊な機械を使い、インナーマッスルのトレーニングをさせていただきます。

インナーマッスルがしっかりと使えていれば、外傷も少なくなり、パフォーマンスも向上します。

膝蓋腱炎でお困りな方は、自分で解決しようとせずに、お早めにとくしま整骨院藍住院にご相談ください!