野球肘 | 徳島県とくしま整骨院

  • 肘が痛くてボールを投げられない
  • 肘の外側が痛い
  • ボールを投げると肘に違和感が出る
  • 肘の痛みで野球が楽しくない
  • 整骨院や整形外科に行ってもよくならない

私も学生の頃、怪我に悩まされ満足いく現役生活を送ることができませんでした。

医療は近年めざましく進化を続けており、私が学生の頃には良くならなかった怪我がスポーツをしながらでも痛みを取ることが可能になっています。

私自身、今の当院の技術があればもっと長く痛みなくスポーツをできたと確信しています。

​また、体だけでなく、自身の経験からスポーツが満足にできない方のメンタルの部分もサポートさせていただけるのではないかと思います。

果たして今の痛みの原因は本当に使いすぎが原因でしょうか??

 

周りの子供たち、選手は同じように練習をしているのになぜか自分の子供だけ、自分だけ痛みが出てしまうのでしょうか??

​思いっきり練習をしても痛みが出ないような体になることができればもっとスポーツの活躍できるのではないでしょうか??

整骨院や整体でマッサージを受けたあとはなんとなく良くなった気がするけどまたスポーツをすると痛みが出る、痛み止めや注射をすると良くなった気がするけどまたスポーツをすると痛みが出るという経験はありませんか??

実はスポーツによる使いすぎの痛みは使いすぎだけが原因ではないのです!!

 

野球肘の本当の原因

その本当の原因は『筋肉』『骨盤』『姿勢』にあります!

体の姿勢不良や骨盤のずれ(アライメント不良)によって筋肉に必要以上の負担がかかりやすくなってしまい、​筋肉が硬くなり痛みが発生するのです。

スポーツによる使いすぎの痛みは使いすぎは揉んでもストレッチをしても根本的にはよくなりません。

揉んでも少しの間だけ楽になったと感じるのは一時的に筋肉が柔らかくなり血流がよくなったためで、腰やお尻の筋肉が緊張する原因である骨盤や背骨のゆがみと骨盤や下半身を支えている筋肉(インナーマッスル)を強化しないとまた元の状態に戻ってしまいます。

当整骨院では、原因からしっかりと見極め、怪我をしにくい体をつくります。

当整骨院では、痛みを含め全身をチェックし、根本的な原因になっている姿勢にアプローチしていきます。

矯正と聞くボキボキ、バキバキするイメージをお持ちの方もおられるかもしれませんが当整骨院ではそのような矯正は致しません。

 

痛いところを揉んだりマッサージをするだけでは根本解決にはなりません。

骨盤の歪みや骨格の歪みを整えることで全身のゆがみを調整し肘の痛みの除去や痛みの出にくいカラダになっていきます。

どこに行ってもよくならなかった野球肘の痛み当整骨院にご相談下さい。

執筆者:柔道整復師

笹木翔平 統括院長

"院長写真

『私は幼い頃から野球をしていたため、けがも多く試合に出場できなくなってしまった経験もあります。痛みの辛さがあると日常生活にも支障が出てきます。

とくしま整骨院では、そんな辛い痛みがある方に対して癒しを目的にするのではなく、痛みの原因部分から追求し根本改善を目的に施術をしていきます。根本施術を行うことにによって痛みの出ない身体を目指して毎日が笑顔で楽しく過ごしていただけるようにしていきます。痛みがなかなか治らずにあきらめてしまっていた方、一人で悩まずに是非とくしま整骨院にご相談ください。』

詳しくはこちら