むち打ち症【脊髄症状型】

  • 交通事故治療を受けたい!
  • 交通事故後から足の痺れがでている。
  • 交通事故後から歩きにくい。
  • 交通事故後から尿や便がしづらい。
  • むち打ち症が辛い。

むち打ち症は早期治療が大事です!
むち打ち症は自賠責保険の適応で実質0円で施術ができます!

脊髄症状型とは?

このホームページの中でも紹介した通りで、むち打ち症には種類があります。交通事故後からだるみや痛みはもちろん、痺れなどもでている方も多いことでしょう。今回はタイトルの通り脊髄症状型という、むち打ち症についてご紹介します。

交通事故後に足の痺れがでてきている方、または足に力が入らないという方はいませんでしょうか?また、この脊髄症状型では両手や両足に出ることが多いので、今現在出ている方は当整骨院に早めにお越し下さい。放っておくとやはり悪化してしまいます。
また特徴的な症状で手先の細かい作業がしづらくなったり、歩行障害【ふらつき】、尿や便がしづらいなどがあります。神経のもととなるところが損傷してしまっているので両手両足に症状が出てしまうんですね。

脊髄症状型は良くなるの?

むち打ち症の中でも、この脊髄症状型は珍らしくやはり重度のものが多いです。症状が出てしまって、早めに施術を開始していくのはもちろんですが、やはり日常生活は安静にしておくのが1番です。おおよそ2週間〜3週間は安静にしておくと良いです。その中で早期に施術を開始し、軽めの刺激をいれていくことで患部の状態を整えていきます。また痺れがでていたり力が入らないなんて症状がある場合には症状が長引きやすいのでご理解ください。ただ施術をおこなえば良くなっていく症状と言えます。

むち打ち【脊髄症状型】の治療

脊髄症状型のむち打ちでは、はじめの治療はかなり軽めに行います。刺激が強いと痛みが出やすいからです。はじめのうちは軽めでも充分に効果があります。患者様の状態に合わせながらマッサージの施術をしていき筋肉をほぐしていきます。
また筋肉の状態も確認しながらストレッチの治療もまぜていくこともあります。筋肉がほぐれたらやはり電気での刺激も加えていきます。電気治療で筋肉を動かして血流循環を良くしていきます。
また炎症などがおこっている場合にはそれも同時にとることができます。

もし今現在、むち打ち症や交通事故後の治療、特に足がしびれる方は早めに施術を行うとよいのでご連絡ください。