交通事故治療【足の打撲】

  • 交通事故で足を痛めた。
  • 交通事故後に整形で打撲と診断された。
  • 交通事故で打ちつけたところが痛い。
  • むち打ち症や事故の痛みを軽減したい。
  • 交通事故後に足の腫れが出てきた。

交通事故でも打撲だけだから…
といって甘くみてはいけません!

交通事故の打撲は長引きやすいんです!

打撲で交通事故治療って?

交通事故治療と聞くと皆さまが思い浮かべるのはいわゆる、むち打ち症ですよね。頸椎捻挫というものです。では何故、打撲について書いているのかというと実は交通事故治療において最も多い症状は打撲なんです!特に足の打撲が多く、事故の衝撃でダッシュボードにぶつけたり、ハンドルの下にぶつけたりするパターンが多くみられます。

では交通事故治療の打撲について説明していきます。基本的に交通事故後の打撲はやはり長引きやすいです。何故かというと、普通に壁にぶつけた打撲とかとは違い、数百キロの重さの鉄の塊がぶつかってくるので衝撃は全く違います。それに加えてスピードが出ていればと考えるだけでも怖いですね。

だから軽くぶつけられただけだからと甘くみないというのが最も重要なことですね。普通の打撲とは訳が違うので、1番良いのは交通事故後にすぐに治療に当たれるのがベストです。

 

打撲の症状は?

交通事故の打撲はやはり腫れや紫斑【一般的にいう内出血】がでてくることがほとんどです。痛みも強く膝などをぶつけてしまった方は歩行痛がでることもあります。放っておくと痛みがなかなかひかないので交通事故後は早期の治療がベストです。

 

事故の打撲はどんな治療?

基本的に交通事故の打撲治療はハイボルトという電気の治療機を使って行います。打撲自体がかなり、軽度の場合は直接おさえていき炎症や筋肉の硬さをとっていきますが、直接触ると痛みもありますし、なおかつ腫れている場合には尚更おさえたり揉んだりしないのが良いです。まずは炎症や腫れを抑えるために小さな電気のパッドを患部にはっていきます、そこから少しずつ電気を流していきます。これにより炎症や腫れが早期に解消されてきます。  

もし今現在、むち打ち症はもちろん、交通事故治療や先程の打撲などでお困りの方がいらっしゃいましたにら是非とくしま整骨院にご相談してみてください。交通事故意外にも肩コリや腰痛、産後骨盤矯正など沢山の症状に対応しています。