労災

  • 労災保険が使用できる整骨院です!
  • 交通事故で労災保険を使用できます!
  • 労災指定整骨院です!
  • 整形外科とも連携しています!
  • 労災保険でたくさんの方が通院しています!

怪我から来院までの流れ

労働者の方は仕事中のケガ、通勤途中のケガは労働者災害補償保険法に規定されている労災保険による保障を受けることができます。労災保険を使用することで負担金0円で施術を受けられます。

基本的に仕事上や通勤途中のケガは労災保険に適用されます。「労働災害、通勤災害」といっても、大きなケガばかりでなく、業務上、又は通勤に起因するケガは基本的に労災として認定されます。また、実際に作業中でなくても、業務に関係がある使用者の支配下にあると認められる「休憩時間」や「出張中の移動や宿泊」も”業務上”に含まれます。

 

ステップ1

お仕事中にケガ、通勤中にケガをしたら、会社に報告をしましょう。その後労災申請の書類を作成します。

労災事故で緊急に治療を受けなければならない場合も、できるだけ早く会社に報告を行い、会計時は健康保険を使わず、仕事中のケガである旨を伝え病院の指示に従い会計を行いましょう。会社に労災用紙を記入していただきましょう。

*こちらより用紙のダウンロードを行い会社に記入していただきましょう。

労働時間中にケガをした場合

通勤の途中でケガをした場合

ステップ2

当院にお電話にてご連絡いただき労災保険使用の旨をお伝えください。

①お電話にてご予約と症状の確認をさせていただきます。

②来院いただきカウンセリングと検査をさせていたきます。

③お一人お一人の症状に合わせた丁寧な施術を行います。

④次回のご予約をお取りして終了となります。窓口負担は0円です。

施術の特徴

手技による筋肉の調整や除痛効果の高いハイボルテージを使用して施術を行います。症状によっては超音波や矯正の施術など患者様お一人お一人に合わせた施術を提供させていただきます。

また労災保険についてわからいないことなども親身になってサポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

労災保険の適用にあたり

整骨院での適用範囲は、突発的発生で且つ慢性的な持病になっていないものに対して使用することが可能となっています。また通勤、労働に起因しているものに限られます。

労災での怪我を隠して健康保険を使用することは健康保険法で禁止されています。 発覚した場合、会社、ご本人共にペナルティーが科せられることがありますのでご注意ください。 会社側がなぜ労災を嫌がるのか? 通常の災害で、特に会社側の責がある場合を除き保険料金が上がったり、労働基準監督署によるペナルティーが科せられることはありません。安心してお使いください。

会社が加入している健康保険組合の保険を無理に使ったり内緒で使う方が好ましくありません。

執筆者:柔道整復師
笹木翔平 統括院長

"院長写真

『私は幼い頃から野球をしていたため、けがも多く試合に出場できなくなってしまった経験もあります。痛みの辛さがあると日常生活にも支障が出てきます。

とくしま整骨院では、そんな辛い痛みがある方に対して癒しを目的にするのではなく、痛みの原因部分から追求し根本改善を目的に施術をしていきます。根本施術を行うことにによって痛みの出ない身体を目指して毎日が笑顔で楽しく過ごしていただけるようにしていきます。痛みがなかなか治らずにあきらめてしまっていた方、一人で悩まずに是非とくしま整骨院にご相談ください。』

詳しくはこちら