肩こり

  • 肩こりもあるが頭痛もしている
  • ずっと肩が痛いのでもう諦めてしまった
  • 肩甲骨の下が痛い、肩が回らない
  • 前のめりの姿勢が多く、猫背のような気がしている
  • 首を回すと硬くて左右に向けない

肩が痛い、肩こりになる人はこんな人

施術肩の痛み方、痛んだきっかけは人それぞれ少しだけ違ってきますが9割ほど原因が同じと思っています

こんな痛みがある方は要注意です。
肩甲骨の下が痛い、肩がしびれていて回せない、背骨が痛い、肩も首も痛い、頭痛と眼精疲労と肩こりがセットである…
肩こりと同時に首こりを併発している方は、非常に多いです。

肩の痛みやこりが起きる主な原因は、「日常生活での前のめり(前傾姿勢)」や「デスクワークやスマホ操作による猫背」が多くなっています。

姿勢姿勢と肩の痛みには大きな関係があって、姿勢不良の方は肩周りや肩甲骨の筋肉に過度な負担をかけていて、猫背による背中の丸まりで鎖骨が硬くなり腕が回らなくなったり、姿勢の歪みにより大きな負担がかかり首の凝りや痛みの原因となっています。
そして、首周りの凝りとは、頭痛や眼精疲労を引き起こすきっかけとなっています。
だから、肩こりの人は頭痛もあるというわけです。

そんな姿勢不良の要因となっているのは、デスクワークが多い方、スマホを良くみる方、パートなどで手の作業が多い方になります。
また、主婦の方も肩を痛めやすくなっています。最近は特に、スマホの使いすぎによる姿勢の悪さが多くお子さんが肩こりを訴えることも多いです。

大人にも子供にもいえますが、背骨や首周りには自律神経が通っているので、倦怠感や集中力の低下にも繋がったり、日常生活を過ごすことが精神的に辛くなる場合もあります。

猫背・悪い姿勢の方は改善が大切

慢性的な肩の痛みがある、肩凝りがひどい方は、ご自身の姿勢が猫背ではないか確かめましょう。
自覚のない猫背の方は多いですが、首が硬くて左右や上をしっかり向けなかったり、首や肩からゴリゴリ音が鳴る方、腕が回らない方、最近呼吸が浅くなったと感じる方は、高い確率で姿勢不良かもしれません。

姿勢不良は、身体のバランスが崩れたり、歩き方が変わってしまって身体の痛みの原因となったりと良いことがありませんので早めに改善をしましょう。四十肩や五十肩を引き起こす原因にもなってしまいます。
四十肩や五十肩になってしまった方は、無理やり動かしたりせず炎症を沈めた後、少しづつ体操やストレッチを行い、肩を柔軟にしていきましょう。

当整骨院での肩、頭痛の施術

施術当整骨院では、あなたの肩の不調が「頸椎のゆがみ」なのか、「背骨の歪み」なのか、「肩甲骨がずれている(巻き肩)」なのか、初回に見極めていきます。

筋肉の癒着による痛みがある方にはしっかり癒着を剥がしていき、骨盤の歪みによる痛みには、骨盤矯正を行いすぐに楽になられる方もおられます。

肩の痛みで来られた方には、かならず姿勢のチェックをさせて頂いています。あなたの肩の痛みがどのパターンによるものなのか、見極めてから施術を臨機応変に変えていきます。

眠れない人最近ぐっすり眠れていない方は、寝ている間も肩や首周りの筋肉を引っ張り続けている可能性があります。
身体に歪みがある方は筋肉が四六時中緊張していますから、肩が痛い上に眠りも浅いという方は、市販の薬を減らせるきっかけになると思います。

肩や首周りに痛みを抱えている方は、是非当整骨院にご相談くださいませ。