腰痛・ぎっくり腰

  • 慢性的な腰痛が続いている
  • ぎっくり腰で立ったら座れない、ぎっくり腰を繰り返す
  • デスクワークや立ち仕事でいつも腰が痛い
  • 身体が歪んでいる気がする
  • 腰も痛いが、膝の痛みもある

腰痛やぎっくり腰になってしまう理由

施術みなさん腰痛は人生で一度は経験されていると思います。
普段から座りっぱなしのデスクワークのお仕事、パートなどで立ち仕事の方、スポーツの動作で腰を痛めた、寝起きや荷物の持ち上げでぎっくり腰を起こしてしまった方…長時間の車の運転をする方も腰痛になりやすくなります。

では、腰が痛くなる原因は何なのでしょうか?
なんとなく、「腰に負担をかけすぎた」というイメージがある方が多いと思います。

実は本来、歪みやバランス不良のない身体の状態であれば、普通に生活をしていて腰が痛くなる程負担がかかることはありません。
腰が痛む人は重大な病気を除いて、必ずどこかに体の歪みが起きていると断定しています。骨盤に歪みがある方、背骨に歪みがある方、どこに歪みがあるかどうかはその方の生活によって癖があったりと変わってきます。

例えば、加齢や運動不足で筋肉が弱い方は弱い筋肉の酷使により痛みが発生したり、筋肉がないことにより体をしっかり支えられないことによる腰の痛みは多いです。

まずは、自分の日常生活の癖を理解して歪みがある場所を正してあげることが大切です。しっかりご自身の体を意識しなければその痛みとずっと付き合っていくことになりかねません。

ぎっくり腰の場合

ぎっくり腰「ぎっくり腰」はよく季節の変わり目に起こりやすいと言われています。
季節の変わり目は身体が気温にうまく対応できず、身体が硬くなってしまう方が多いためです。
硬い身体に無理やり鞭を打ったり、急な動きをすることにより筋肉に大きな負担を強いて炎症を起こします。
これをぎっくり腰と呼んでいます。
ぎっくり腰には軽度と重度があり、軽度の方はご自身でまだ歩くことが出来ますが、重度の方はベッドから起き上がることも難しくなります。

ぎっくり腰は炎症のある痛みなので、患部を揉んだり温めたりすることは絶対してはいけません。コルセットを用いて負担をかけないようにしたり徐々に体を動かしていきましょう。

坐骨神経痛、ヘルニア、狭窄症の場合

腰の痛み慢性的な腰痛や悪い姿勢を放っておくと、坐骨神経痛やヘルニアになってしまう事があります。痛みと同時にしびれがあることが特徴です。
若い人にはヘルニアが多く高齢者に狭窄症が多いと言われています。普段抱えている痛みを放っておくことにより、骨のクッションとなっている髄核、神経根がどんどん圧迫されて痛みが発生します。

筋肉が身体を支えられていないことによる痛みは深刻な痛みに発展しますので、猫背や悪い姿勢の自覚のある方は早めになおしましょう。

当整骨院での腰の施術

カウンセリングとくしま整骨院藍住院では、まずはしっかりお客様のカウンセリングを行います。
痛みの数だけ痛みの「原因」があります。カウンセリングにお時間をかけることにより、痛みの原因を最初に探ってから、施術内容を決めていきます。

「骨盤の歪みによる腰痛」「インナーマッスルの問題での腰痛」「猫背での腰痛」「膝の悪さによる腰痛」など、腰痛の原因にはさまざまなパターンがあります。

まずは痛みを取り除くことを優先し、身体の歪みがある方はしっかり歪みを正していきます。
ぎっくり腰の方は1回で歩いて帰って頂き、4回程で日常生活に戻られています。
坐骨神経痛、ヘルニアなど重たい痛みの方は、痛みを抑えるには一か月程度、姿勢が悪い方など身体を改善するのに3か月程度お時間を要します。

当整骨院での施術はボキボキしたりしない優しい手技です。小さいお子さんやお年寄りまで施術を受けて頂けます。
女性施術スタッフも在籍しています。お子様連れの方、女性施術者を希望される方、お気軽にご相談下さいませ。