むち打ち症【腕のしびれ】

  • 交通事故後から腕の痺れがでる。
  • むち打ち症がつらい。
  • 指先が痺れてボタンがかけれない。
  • 交通事故治療で良くなるか知りたい。
  • むち打ち後に腕のだるみがとれない。

むち打ち後に腕の痺れはないですか?
放っておくと良くなりません!
交通事故治療ならとくしま整骨院に!

交通事故後の腕の痺れはなぜ?

皆さまは交通事故と聞くとむち打ち症や打撲などを思い浮かべるかと思います。もちろん頸椎捻挫という形でむち打ち症といわれるケースも多いのですがタイトルにあるとおり、腕の痺れがむち打ち後に出てくる方が非常に多いです。では何故交通事故後に痺れが出てくるのかというとむち打ちになると首の筋肉を痛めてしまいます。人によっては筋収縮で筋肉が硬くなってしまったり、関節の動きが悪くなってしまう方も多いです。筋肉の硬さや関節の動きが悪いと首まわりの神経圧迫をしてしまうので腕の痺れがでてくるんですね。結局はむち打ち症の筋肉も、もちろん治していかないといけませんし、逆にそこがとれないと腕の痺れもとれてきません。

腕の痺れを放置すると?

交通事故後の腕のしびれを放置しておくと、やはり良くなってはいきません。そのままにしておくと例でもあげさせていただいた、ボタンがかけれないなどの細かい作業が出来なくなってしまう方もいます。むち打ち症でも同じなのですが治療をせずにそのままにしておくと数ヶ月後まで残ってしまったり、数年後まで残ってしまうことは、よくあります。交通事故後の痺れはそれほど厄介なのです。逆に早期に交通事故治療を行えばむち打ちは勿論、腕のしびれが長引くこともほとんどありません。交通事故治療やむち打ち症は早めの施術が肝心ですね。

むち打ち症の腕の痺れを治療!

 

当整骨院ではむち打ち症や交通事故後に出てきた腕のしびれに対して丁寧に検査を行い症状に対応いたします。事故後は首の骨や関節が歪んでしまったり、筋肉の硬さが出てしまうのでその様に歪みが出てしまってる方には骨盤矯正や猫背矯正など整体で行う治療も交通事故治療に加えていくことができます。それ以外にも硬くなって動きの悪い筋肉や関節にはマッサージの治療を行い調整を行います。加えて炎症や痛みが出ている場合にはハイボルトという電気の治療機を使い電気を流していきます。いろいろな角度から治療を行うことでむち打ち症や交通事故後の痛み、腕の痺れは改善していきます。放っておいて良くなるというのはほとんどないので、もし今現在、交通事故に遭われて腕の痺れやむち打ちのつらい首の痛みなどでお困りの方がいらっしゃいましたら是非治療に来てみてください。当整骨院ではむち打ち無料相談も実施しておりますので是非、気軽にご連絡ください。